2014年06月06日

毛深い女は嫌われる? 脱毛のススメ

脱毛は女性にとってとても大切な要素です。

毛深い女は嫌われる、という話がどこまで本当かはわかりませんが、
日本人はとかく、人は外見で判断してはいけません、
という教育を幼い頃から受けてきているせいか、

表だって、毛深い女性は嫌いだ、と主張する男性など全くいないのは事実でしょう。

ですが、それだからといって、毛深い女が嫌われてないことにはなりません。

貴女も知り合いの男性に聞いてみても、あからさまに、毛深い女はきらいだ、
なんて言う方はおられないことでしょう。

男性は誰だって、口ではともかく、内心で思ってることをそのまま言う方はいません。

実のところ内心では、毛深くない方が良い、できればベージュ色の柔らかな産毛が
うっすらとなめらかに生えているのが良い、と思っているのは疑いのない事実です。

少なくても、毛深い女性が好みだ、なんて思ってる男性はどうみても変人としか
言いようはないでしょう。 
そういう方に貴女は好かれたいでしょうか。

もしそれを望むのでしたら、このサイトには貴女の望むものはありません。

脱毛をするなりして、女性としての身だしなみを整えておくことは、
何はともあれ、基本的な礼儀と言えましょう。

貴女がもし、これまで脱毛を毛嫌いしてきたのでしたら、
社会生活を行う上での基本的な礼儀だと認識を正された方が良いでしょう。

いえ、変人の方に好かれたいのでしたら、その必要はありませんが・・・

ただ、世の中は、何気ないところで、脱毛も含めた身だしなみが
何かと影響を与えてくるものです。

その顕著な例が、就活とか婚活での企業との出会いや男性との出会いです。

就活していて、好景気の世の中の時は決して目立ってはきませんが、
不況の昨今の景気では、どの企業も採用面接の時、
誰を落として誰を合格させようかと、迷うのが普通です。

そして、それで毛深い女が嫌われて落とされるなんて
分かりやすい現実があるわけでは決してありませんが、
合否は必ずどっちかに分かれてしまうわけです。

では、はたして、その面接の合否を決める決め手とは何なのでしょうか??

それこそは、実は何気ないところにあるものなのです。
実のところ、面接の内容それ自体では、あまり差はつきません。

もちろん、落とさなければならない人というのはすぐ合否は決められるものですが、
合格者には定員というものがどの会社でもあります。

ですので、とりわけ落とされる理由もないような人でも
必ずしも面接で合格できるわけではないのはおわかりでしょう。

では、その合否を決めるポイントとは何かということです。
どっちも差が内容な人の合否が分かれてしまうポイントとは何でしょうか!

それが身だしなみだったりするんです。 社会では。
毛深ければ身だしなみが悪いというわけではほんとうはありませんが、
毛深ければ、決して良い印象を与えるわけではないのもお分かりでしょう。

そんなとこでせっかく合格できるものも不採用になってしまっては、
実に損だということです。
そんな現実は受け入れられないと言っても、
社会は、そのように動いてますので、そんなところで損をしてしまっては、
これまでの努力も水の泡というものです。

さあ、貴女も脱毛をしっかりして、身だしなみで落とされないようにしましょう。



posted by 脱毛で合格 at 09:52| 脱毛